FC2ブログ
ビバ☆たまたまライフ♪
平凡な日々の暮らし、お気に入り、旅行記など、いろいろです☆
2010年GWの旅~ミラノ31:ミラノ名物~
やっと、フィレンツェ・ミラノ・ソウル旅行記も最後です。
ミラノでの最後の晩餐(笑)
この旅で初めて、レストランで普通の食事をしたような・・

ガレリアのアーケードにあるこちらのレストランで、早めの夕食をいただきました。
img9832conv.jpg

ミラノ名物の”ミラノカツレツ”。
大きく平たい子牛のカツレツですが、衣はサクッと歯ごたえあってお肉は柔らかく、
レモンを絞っていただくと、意外とあっさりしていました☆
img9826conv.jpg

ピザ。
なんのピザだったかな?(笑)
パリパリではないモチモチの生地のピザ。
モチモチの生地はナポリ・ピザみたいで、パリパリの生地はローマ・ピザらしい。
img9828conv.jpg

そして、イタリアでずっと食べたいと言っていた、念願のポルチーニ茸のパスタ。
ポルチーニ茸のタリアテッレ。
img9830conv.jpg
香りがとっても良くて、すごくおいしかった♪

パンやグリッシーニもついてきました。
img9825conv.jpg


これで、フィレンツェ・ミラノ・ソウル旅行記、終わります☆

何かの雑誌で読んだのですが、
「駆け足で旅するのは若者の特権であり、
ゆるやかに旅できるのは年齢を重ねたものの特権である。」(角田光代)
でありたいと思っているのですが(年齢も年齢ですし。笑)、
今回の旅は、日中は見たいものを厳選してゆっくり見て、18時前にはホテルに戻り、
ゆっくり休んでたくさん寝て・・と、完璧な旅だったと思います☆
次も、そんな旅が出来たらいいなぁ~と思いました。

お付き合いいただき、ありがとうございました☆
[2011/01/11 00:06] | GW フィレンツェ・ミラノ・ソウル | トラックバック(0) | コメント(4) |
2010年GWの旅~ミラノ30:ガレリア~
ドゥオーモを見学したあと、ガレリアを散策しに行きました。
ガレリアとは、
ドゥオーモ広場とスカラ広場を結ぶ「ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエール2世」。
外観はこんな感じ。
img9563conv.jpg

18世紀中期に完成した、ガラス天井の十字型のアーケード。
中央のガラスドームと、4大陸をあらわしていると言うフレスコ画。 
img9819conv.jpg

床のモザイクもキレイですね~
img9824conv.jpg

このアーケードには、プラダの本店などの高級ブランド店やレストランが並んでいて、
マクドナルドもシックでオシャレな感じでしたよ☆
img9584conv.jpg

十字路の交わる付近に牡牛のモザイクがあって、そのくぼみにかかと合わせて回ると、
幸せが訪れる、願いが叶う、旅行者は再びミラノに戻れる、などの言い伝えがあるそうです。
ものすごい穴が開いています(笑)
いつも誰かがクルクル回っていて、黒山の人だかりです。
img9834conv.jpgimg9583conv.jpg
いつもだいたい、そう言うのはするほうではないのですが(←信じないタイプなのかな?笑)、
みなさんはするほうですか?
記念に、思い出に、したほうがやっぱり楽しいのかな♪
[2011/01/11 00:05] | GW フィレンツェ・ミラノ・ソウル | トラックバック(0) | コメント(2) |
2010年GWの旅~ミラノ29:ミラノのドゥオーモ~
「最後の晩餐」を見学し、魂が抜けたような感じで(笑)、ミラノのドゥオーモに。
img9558conv.jpg
img9808conv.jpg

ミラノのドゥオーモは、世界最大のゴシック建築。
5世紀もの歳月をかけて、多くの芸術家によって完成されたそうです。
権威に満ちた雰囲気が、まさにゴシックと言う感じですね。
img9807conv.jpg
img9811conv.jpg

屋上に上ることもできるのですが、雨が降っていて寒かったので、内部だけ見学しました。
  ヘタレなので(笑)、寒さには勝てなかった。。
img9782conv.jpg
img9758conv.jpg

フィレンツェのドゥオーモなどで見た半円形のアーチとは違う頭の尖ったアーチで、
見上げるような位置に作られ、天井を高く空間をより広く見せてくれる尖塔アーチ。
  暗い中で撮影するので、手ブレが・・
img9768conv.jpg

このように太い柱がたくさんあるので、屋根を支えることができ、
高い天井作りが可能だったそうです。
img9752conv.jpg
img9759conv.jpg

天井も高くできたりしたおかげで大きな窓の設置も可能になったため、
ステンドグラスの技術も発達し、複雑な模様も生まれたそうです。
img9790conv.jpg
img9789conv.jpg

外観も素晴らしく美しいのですが、内部も荘厳で本当に美しかったです。
[2011/01/10 17:30] | GW フィレンツェ・ミラノ・ソウル | トラックバック(0) | コメント(2) |
2010年GWの旅~ミラノ28:最後の晩餐~
ミラノでの最大の楽しみで、今回の旅の最大のハイライトと言っても過言ではない
ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」☆

「最後の晩餐」の見学は完全予約制で、予約開始と同時にうまってしまうので、
2、3ヶ月前の予約開始時期には毎日、公式予約サイトをチェックしていました(ダーリンが)。
英語とイタリア語の混じるサイトだったのですが(笑)、
何とか予約できたので(ダーリンが)、ホント良かった~
このために、ミラノまでやってきたのですから~♡♡♡
数時間後にはもう、同日のどの時間帯も空いてなかった・・・さすがの人気です。

雨の降る中、スフォルツェスコ城からサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ。
img9736conv.jpg
img9745conv.jpg
img9735conv.jpg
教会の中も見学できるのですが、ちょうどお葬式が行われるような感じだったので、
気が引けて入れませんでした。。

見学予約時間の30分前までには受付へ行かなければなりません。
オーディオガイドを借りて、通路の一角で見学時間が来るのを待ちます。
目の前には、「最後の晩餐」の一部と説明書きがありました。
img9746conv.jpg

見学時間は15分で、入場は25人まで。
もちろん、写真撮影もビデオ撮影も禁止です。
時間が近づいてくると、通路の一角のガラスの扉が開き、次の通路の一角へ通されます。
そしてそこで待機。
そして、また時間が近づくと、またガラス扉が開き、次の通路の一角へ移動。
そして、また・・
そうやって「最後の晩餐」のある部屋に近づいて行くのですが、イヤでも胸が高鳴ります。
憧れの人に会う前のような、緊張とドキドキな感じです(笑)
3回ほど待機と移動を繰り返し、「最後の晩餐」の部屋に通されます。

最初の感想は、想像していたより大きい!!!
  縦420×横910 cmもあるんですね。
食堂の壁に描かれていることは知っていたものの、
壁の全面に描かれている程の大きさだとは思ってもいませんでした。

大きさだけではなく、絵の持つ何か(?)にとにかく圧倒され声も出ず、
オーディオガイドに従って、食い入るように見入ってしまいました。
次はいつ見れるかわからないという思いで必死で見ていたので、
あっという間に15分が過ぎてしまい、後ろ髪を引かれる思いで部屋を後にしました。

これは絶対に見たほうがいい!見なきゃいかん!と思いました☆
いやぁ~やっぱり本物って、写真で見るのと全然違いますね。
[2011/01/10 12:05] | GW フィレンツェ・ミラノ・ソウル | トラックバック(0) | コメント(3) |
2010年GWの旅~ミラノ27:ロンダーニのピエタ~
この市立美術館、一番の見どころは、
ミケランジェロが生涯に4体製作した「ピエタ」の中でも、未完の大作「ロンダーニのピエタ」。

磔刑のあと、マリアに崩れるように体をあずけるキリストの姿。。
img9702conv.jpg
ミケランジェロは、腰が曲って頭を上げることすらままならず、
さらには視力を失いながらも手探りで、死の直前まで彫り続けたと言うことです。

足の部分だけは、他の部分に比べて完成度が高いですね。
img9709conv.jpg
img9711conv.jpg

後ろ側はこんな感じになっていて、まさに、”彫り出している”と言う感じがします。
img9712conv.jpg

マリアの表情が慈悲深く、哀しみに満ちているような気がして、
苦しい気持ちになりました。。
img9707conv.jpg

この旅で、4体中3体のピエタを見ることができました~
あと1体は、ローマのサン・ピエトロ大聖堂にあるので、いつか見に行きたいな♪

スフォルツェスコ城を後にし、とてもとても楽しみにしていた、
ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」を見に行きました。
[2011/01/09 17:30] | GW フィレンツェ・ミラノ・ソウル | トラックバック(0) | コメント(2) |
2010年GWの旅~ミラノ26:アッセの間~
市立美術館の展示室のひとつ「アッセの間」は、
ダ・ヴィンチが制作に携わっていたことで有名。
植物の枝で覆われたアーチ型の天井は、フレスコ画。
img9646conv.jpg
ですが、写真ではイマイチわからないですよね。。

長い金色のストリングで絡まった木の枝で装飾されているとのこと。。
img9648conv.jpg

アッセの間の一部に描かれている絵。
img9655conv.jpg
木の根が描かれています。
img9652conv.jpg

ダ・ヴィンチつながりで、
え!?こんなところにダ・ヴィンチの絵が!?と驚いたのがこちら。
img9664conv.jpg
Francesco Galliと言うダ・ヴィンチの弟子によって描かれた「聖母子像」とのこと。
ダ・ヴィンチの絵が普通に飾ってあるわけないよね・・と思ったりしましたが、
ビックリしちゃいました。

そしていよいよ、市立美術館の一番の見どころへ。。
[2011/01/09 12:05] | GW フィレンツェ・ミラノ・ソウル | トラックバック(0) | コメント(2) |
2010年GWの旅~ミラノ25:市立美術館~
スフォルツェスコ城の中には市立美術館があり、
彫刻や武器、楽器やタペストリーなど、様々な展示物が膨大な数ありました。

各展示室には英語や日本語の解説(プリント)が置いてある展示室もありましたが、
ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の予約時間があったので、足早に見て回りました。
img9614conv.jpg

左は、ベルナポ・ヴィスコンティの棺を飾るモニュメント。
img9615conv.jpg

宗教行事などの際に行なわれるパレートで使用されていた旗。
img9640conv.jpg

などなど。。
img9685conv.jpg
img9695conv.jpg
プリントの解説と見比べる時間がなく、何がなんだかわからないまま・・(苦笑)
[2011/01/08 17:30] | GW フィレンツェ・ミラノ・ソウル | トラックバック(0) | コメント(0) |
2010年GWの旅~ミラノ24:スフォルツェスコ城~
5日目。
朝から、スフォルツェスコ城に行きました。
img9588conv.jpg
スフォルツェスコ城は、14世紀にミラノを支配していたヴィスコンティ家の居城を、
15世紀にミラノ公フランチェスコ・スフォルツァが改築したお城。
ダ・ヴィンチも、ミラノ公ルドヴィーゴ・スフォルツァに17年間仕えて、
このお城の装飾に携わったそうです☆
ダ・ヴィンチ博物館(?)もあったのですが、見学には事前予約が必要だとのこと。。
残念。。

正面のフィレーテの塔の周囲を回廊が巡り、
img9590conv.jpg
img9597conv.jpg
城壁の内側に広い中庭のある作り。
img9600conv.jpg

お城への入り口の外側と内側。
img9599conv.jpgimg9612conv.jpg

もともとお城は星型をしていたみたいですよ☆
img9609conv.jpg

お城&要塞と言う感じの雰囲気ですね。
img9730conv.jpgimg9607conv.jpg
[2011/01/08 12:05] | GW フィレンツェ・ミラノ・ソウル | トラックバック(0) | コメント(2) |
2010年GWの旅~ミラノ23:ミラノ到着~
2時間45分のユーロスターの旅を終え、ミラノ中央駅に到着☆
img9521conv.jpg

ミラノ初日(4日目)のホテルはミラノ中央駅の近くだったのですが、
翌日(5日目)のホテルはドゥオーモの近くだったので、
地下鉄のCentrale F.S.駅からDuomo駅まで移動。
img9556conv.jpgimg9557conv.jpg

Duomo駅の外に出ると、ミラノのドゥオーモが目の前に☆
img9558conv.jpg

ミラノでは、2日間とも雨でしたが、
目の前にアーケード「ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエール2世」があり、
ホテルもこの一角にあったので、ほとんど濡れずに良かったです☆
img9563conv.jpg
[2011/01/07 12:05] | GW フィレンツェ・ミラノ・ソウル | トラックバック(0) | コメント(2) |
2010年GWの旅~ミラノ22:ユーロスター~
4日目の続き。
フィレンツェの街歩きからホテルに戻ってチェックアウトを済ませ、
カフェでカプチーノを飲みながら、ホテルの送迎バスの出発時間を待ちました。

送迎バスでサンタ・マリア・ノヴェラ駅(中央駅)へ行き、ミラノへ☆
img9482conv.jpg

ユーロスターだと、ミラノまで2時間45分☆
スリや置き引きが多いとガイドブックに書いてあったイタリアなので、
少しお高めですが、やはり安全面を考慮して1等車にしました。
(お互い初ヨーロッパと言うこともあるし、けっこうビビリなのです。笑)
1等車ですが、ピサに行ったとき乗ったローカル電車の1等車と全然違う!
車両の新しさや座席の質だけではなく、客層がセレブなレディやビジネスマンなど、
とても安全だなぁ~と言う感じ。
片側が4人がけのボックスシート、片側が2人がけシート。全席指定です。
img9483conv.jpgimg9491conv.jpg

こちら、4人がけのボックスシート。
私たちは2人がけシートに座っていたのですが、横のボックスシートでは、
ビジネスマン風の4人がミーティング?商談?な感じでした。
img9490conv.jpg

途中、ウェットティッシュやチョコレート、コーヒーなどの飲み物が配られ、
img9496conv.jpgimg9508conv.jpg
ミラノまでおしゃべりしながら、こんなことして遊びながら↓(笑)、
img9501conv.jpg
2時間45分の移動を楽しみました♪
[2011/01/05 12:05] | GW フィレンツェ・ミラノ・ソウル | トラックバック(0) | コメント(2) |
次のページ
プロフィール

ナンデらむちょ

Author:ナンデらむちょ
あきっぽいプチこもり族。でも旅行好き♡
特技は、現実逃避(笑)

カテゴリ

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

これまでの訪問者数

訪問、ありがとうございます♪

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索